Skip to content

1月24日 八木城跡を訪ねながら

2010年1月25日
所要で八木に行くことになり、1時間の滞在範囲で、古川を遡上し八木城跡を訪ねた。
高瀬堰右岸に位置するが、当時の太田川は八木小学校辺りから八木城を馬蹄型に大きく曲がっていたらしい。
高松山(高松城跡)が見える



高瀬堰、可部鉱山・金明鉱山
城山北中学校側から上がってみるが、廓跡は藪の中、藪の中を歩く装備でないので調査断念。
麓に重機が置いてあったが、伴城のようにならないで欲しい。

西方には阿武山の雄姿、八木銅鉱山の露頭掘りにより地形が変わっている。
可部鉱山、金明鉱山、久地鉱山と繋がる古生層帯。
権現山から阿武山に向かっていると、土が変わってくる。

可部鉱山


小さな蚊が邪魔しているが、恵下山城跡


古川から見た武田山と火山

この辺りから見ると、武田山が尖がって見えるが、何処から見ても趣があると思うのは身贔屓か・・

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。